November 11, 2006

親知らずの抜歯から2年経過しました。

ご無沙汰しておりました。約5ヶ月ぶりの更新です。

このブログ(ニフティのココログ)のアクセス解析機能によれば、最多アクセスは「公会計」関連のページなのですが、二番人気は「親知らずの抜歯とその後の経過」となっています。恐らくは、僕と同年代の結構多くの人々にとって、親知らずが痛み始めたり、抜くとしても麻痺などの後遺症が気になるようです。実際、僕の周囲でも「親知らずを抜く羽目になり、桜内の件が頭に浮かんでゾッとしたが、無事に終わって良かった・・」という話を複数の友人から耳にしました。

僕が親知らずを抜いてもうすぐ2年になります。まだ左下顎の知覚麻痺は完治していませんが、昨年の経過報告からどうなっていったか、簡単に書いておきます。

Continue reading "親知らずの抜歯から2年経過しました。"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 28, 2005

親知らずの抜歯とその後の経過

桜内文城です。

このブログは本来、公会計に関する情報発信と意見交換のために開設したのですが、昨年来の親知らずの炎症による入院→抜歯手術→後遺症(下顎の知覚麻痺)といったストーリー展開の方が皆様の興味をそそったようですので(笑)、今回は抜歯に至る経緯とその後の経過について報告します。

そもそも左下の親知らず(完全に横向きになって歯茎の中に埋まっていた)の鈍痛が始まったのは昨年10月下旬のこと。近所の歯医者さんによれば、入院施設のある大学病院などでなければ抜歯は難しいとのことで、当初は抗生剤をもらって抜歯の時期を探ることにしていました。しかし、11月中旬には顎の炎症の影響で口がほとんど開かなくなってしまい(上下の歯の間が1cmも開かない状態)、毎度の食事にも難儀しましたが、口が開かないことには抜歯手術もできないとのことで、さらに抗生剤の投与を続けました。

Continue reading "親知らずの抜歯とその後の経過"

| | Comments (3) | TrackBack (2)

January 24, 2005

ほぼ?復活

桜内文城です。
実は約一ヶ月ぶりの更新です。この間、親知らず抜歯の後遺症(下顎の知覚障害)、右手首の腱鞘炎、そして流行り病のノロウィルスにまで感染し、辛く苦しい日々を送っておりました。途中、このブログを更新しようとしたところ、あの恐ろしい青い画面が現れてウィンドウズがシャットダウンしてしまうというアクシデントにも見舞われ、ここまで更新が遅れてしまいました。
まだまだ体調も万全とはいきませんが、ようやく復活してきました。仕事も遅ればせながら通常ペースに戻りつつあります。少しずつですが調子を上げていきたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2004

ようやく退院

桜内文城です。
一昨日(7日)に左下の親知らずの抜歯手術を受けたのですが、いやはや大変でした。立派に育った親知らずを根っこまで粉砕して取り出すまで1時間以上。途中動脈まで傷ついたようで、一時、出血が止まらない状況にも。さらに手術後、左下唇から顎にかけて知覚麻痺の後遺症が残ったり、結構なダメージがあります。担当医によれば1週間で治る人もあれば3ヶ月かかる人もあるとのこと。内科医の姉にも聞いてみると、運動神経が切れて筋肉が動かなくなるとなかなか元に戻らないが、知覚神経であれば徐々に回復することもあるのかな?という何とも頼りない返事。う~ん、これからどうなるんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2004

はじめての入院(T_T)

桜内文城です。いやぁ、今回は参りました。

10月下旬からたまに激痛が走るようになった左下の親知らず。10月上旬に左上の親知らずを抜いたばかりだったというのと、今回の左下のは完全に水平方向になって埋まっていたので抜歯するのも大変だと診断されていたのとで、しばらく抗生剤を飲んで様子を見て・・と考えたのが仇になりました。(T_T)

11月初旬から左顎のリンパ節が腫れて口が開きにくくなり、毎度の食事にも難儀するように・・。11月中旬には親知らず自体の痛みで夜も眠れないほどに・・。とは言え、その頃ちょうど「公会計:国家の意思決定とガバナンス」(NTT出版より12月10日刊行予定)の校了時期と重なってしまい、疲労もピークに達していました。病院に行っても、口が開かないと抜歯手術もできないということで、引き続き抗生剤を飲んで・・という状態が続きました。

Continue reading "はじめての入院(T_T)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)