June 15, 2005

アンタッチャブル

桜内文城です。またまた更新を怠っておりました(ほぼ二ヶ月振り)。

先日、久しぶりに「アンタッチャブル」のビデオを借りてきて観ました。実は自分の中では一、二を争うほどに好きな映画で、これまでも何度か観ています。以前は気付かなかったセリフの意味やストーリー展開に新鮮さを覚えるところも多々ありました。

最初にこの映画を見たのは1987年の秋だったと思います。当時、大学四年生で大蔵省に就職が決まっていたこともあり、アメリカの財務省調査官エリオット・ネスの命を懸けた仕事振りに感動しました。また、当時は僕自身、会計に関する知識もほとんど持っていなかったのですが、アル・カポネの脱税の証拠として会計帳簿と会計担当者の所在がこの映画の最大の見せ場になっていたことに今回、改めて感じ入りました。

Continue reading "アンタッチャブル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)