« 自壊する民主主義 | Main | 新事務所の模様替え »

January 16, 2010

正義の法をねじ伏せることが民主主義なのか?

本日(16日)の民主党大会はすごかった。多数決で勝ち得た権力は正義の法をもねじ伏せることができると本気で信じている政治家が存在していること、そしてそのような政治家に一切反対の声を挙げることができず、むしろ拍手を贈る政治家が多数存在していることがはっきりした。

ネット上のニュース(朝日新聞)によれば、小沢幹事長は次のように「闘う決意」を述べたという。

意図していたかどうかは分かりませんけれども、我が党の、この党大会の日に合わせたかのように、このような逮捕が行われている。私は、とうてい、このようなやり方を容認することはできませんし、これがまかり通るならば、日本の民主主義は本当に暗澹(あんたん)たるものに、将来はなってしまう。わたくしは、このことを個人のうんぬんよりも、非常に憂慮いたしております。そういう意味におきまして、わたくしは、断固として、このようなやり方、このようなあり方について、毅然(きぜん)として、(※力を込めて)自らの信念を通し、そして闘っていく決意でございます。(拍手)

確かに神ならぬ人が為すこと、検察が常に正義であるという訳ではなかろう。しかし、彼らの仕事は正義の法を適正に執行することである。小沢幹事長は選挙という多数決によって与えられた「権力」によって「正義」の法をねじ伏せることを「議会制民主主義」と称し、その「正義」の法と「闘う決意」を宣言した。そして彼に従う多くの民主党議員からは一切反対の声も挙がらず、ただ彼に拍手を贈った。

別の記事(同じく朝日新聞)によれば、鳩山総理は「私も小沢幹事長を信じています。どうぞ戦ってください」と伝えたとのこと。内閣総理大臣が「正義」の法と闘う者を応援してどうする。この国の民主主義は未熟なまま既に壊されてしまったことを全国民にはっきりと見せつけたという意味で、本日の民主党大会はすごかった。

|

« 自壊する民主主義 | Main | 新事務所の模様替え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/47312847

Listed below are links to weblogs that reference 正義の法をねじ伏せることが民主主義なのか?:

« 自壊する民主主義 | Main | 新事務所の模様替え »