« September 2009 | Main | January 2010 »

December 14, 2009

民主主義とはなにか:小沢氏会見への批判

あまりにひどい話なので、簡単に感想を記録しておきます。

1.国家の統治システムとして民主主義が有効に機能するためには、(a)権力性と(b)正当性の両方が必要。いかなる「権力」を握った者であっても、その言動において「正しさ」がなければ世の中では通用しない。ナチズムの本質は「権力は自らを正当化する」というスローガンにあるとドラッカーが指摘したように、「権力」と「正しさ」を一緒くたにしてしまうならば政治的に大きな過ちを犯すことになる。

2.小沢氏のいう「政治主導」の意味が明らかになった。「役人が国民に選ばれた内閣に逆らうようなことを言うなら辞表を出してからにしろ」という論理は、選挙で選ばれた=国民から「権力」を与えられた政治家であれば何をやってもよいということに他ならない。「権力」なき役人は黙ってろ。それが小沢氏のいう「政治主導」だとようやくわかった。

3.我が国の歴史において天皇は「正当性」の象徴ともいえる存在。国民から「権力」を与えられた内閣ならば何でもできると言い切るのは、むしろ民主主義の根本を理解していない証拠。

Continue reading "民主主義とはなにか:小沢氏会見への批判"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | January 2010 »