« 出陣式のご案内 | Main | 力及ばず(御礼と御詫び) »

August 17, 2009

決戦に臨むに際して

桜内文城です。いつも大変お世話になっております。

いよいよ明日(18日)から選挙戦に突入します。これまでの2年間の歩みを振り返ると、ふるさと南予の皆さまの温かいご支援にただただ感謝するばかりです。「地盤、看板、カバン」の何もない無所属新人がここまで歩んでこられたのは、「南予を変えたい」、「日本の政治を変えたい」と本気で願う皆さまのお陰です。この場をお借りして心より御礼申し上げます。

このご恩に報いるためにも、何としても今回の闘いを勝ち抜くしかないと必死の決意をしております。今回の総選挙では、日本が変わることができるか、そしてふるさと南予が変わることができるかが問われています。日本の国家経営が大きく歪められている中、政治を国民の手に取り戻し、本当の意味で国民の利益を守ることのできる新しい政治の仕組みを創り出す。そして「これ以上、辛抱せんでもええ!」南予を取り戻す。これが私の公約です。

政治家の命は国民の皆様によって吹き込まれます。皆さま、どうか私、桜内文城に政治家としての命を吹き込んでください。必ず皆さまのお役に立ってみせます。

本日以降、公職選挙法の規定により、このブログ及びホームページの更新ができなくなります。8月30日(日)の投票日の後、また皆さまにお目にかかれますことを楽しみにしております。すべての力を出し切って闘ってまいります。皆さま、どうか力強いご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

|

« 出陣式のご案内 | Main | 力及ばず(御礼と御詫び) »

Comments

さきほど日土東で見かけました。
うぐいす嬢さんは名前しか言わないようですが、
名前と名前の間に、いろんなやりたい政策をワンフレーズいれながら、繰り返して言った方がよいと思います。
また他の車のボディに選挙ポスターや名前を貼付けたらよいと思います、プリンターで印刷したものをスコッチテープではればすぐできます。

Posted by: がんばれ桜内さん、投票したよ! | August 26, 2009 at 19:21

お疲れさまでした。りっぱな戦いでした。
ただちょっと、クリーン過ぎました。
「高齢」「実績のなさ」「世襲」など
ネガティブ・キャンペーンをすれば、
結果は違ったかもしれません。

Posted by: kokemomo | September 01, 2009 at 14:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/45957752

Listed below are links to weblogs that reference 決戦に臨むに際して:

« 出陣式のご案内 | Main | 力及ばず(御礼と御詫び) »