« 私は今の既成政党に入るつもりは毛頭ありません | Main | 私は南予の大地にしっかりと根を張る桜になります »

July 31, 2009

閑話休題:養殖鯛の餌やりのお手伝いに行ってきました。

先日、養殖鯛の餌やりのお手伝いに行ってきました。重さ10キロ近い箱を約200個、漁船に乗せて生け簀に運び、ちり取りで少しずつすくって養殖鯛にエサをやるのです。今の時期は暑いですし、雨が降るとびしょびしょになるし、大変な重労働だと思いました。そうかといって人を雇うと原価割れしてしまうので、養殖業のみなさんはつらくてもこの作業を続けるしかありません。たいへんなことだと実感しました。

確かに私は東大を出て大蔵官僚として働いてきました。今は、それは政治家になるための修行の時期だったと思っているのですが、「官僚になるような人間は人情が分からない、冷たい人間だ」といった先入観を持つ人も少なくないようです。私は決してそんな冷たい人間ではないのですが、根拠のないご批判にただ反論してもあまり意味はないので、それよりも私は選挙区をひたすら歩いて、みなさんのお話しをお伺い、有権者のお気持ちに少しでも近づけるように、この2年間努力を重ねてきました。

愛媛4区には、約12万3千世帯のご家庭があります。私はこの2年間で、その約半数に当たる6万世帯以上におじゃまし、みなさんの生の声を、国政に届けるために聞かせていただきました。また同時にそれは、私自身が選挙区の実状を深く知る良い勉強の場にもなったと思います。

南予地域は疲弊しきっていて、本当に生活が成り立たないほどです。民主党は最低賃金を1000円にすることを政策として掲げています。企業に雇用されている労働者はそれでいいのかもしれませんが、例えば野村町の酪農家などは、時給にすれば100円以下の収入しかありません。それでいてものすごい重労働に従事しているのですが、牛乳の買取価格は原価割れの状態が続いています。

売り上げが落ちている宇和海沿岸の真珠養殖業者も同様です。借金がなければまだ廃業することもできるのですが、農協や漁協に借金があると辞めるに辞められず、債務が膨らむばかりです。子供たちも「そんな農業や漁業は継ぎたくない」と言って、都会に働きに出てしまいます。だから人口がますます減っていくという悪循環に南予地域は入ってしまっているのです。

私には皆さまの生活と心の痛みは痛いほどわかりました。この面でも、私は4区のみなさんと一体になれたと思っています。この不条理をなんとか解きほぐすのが政治家の仕事です。私がこの状況をなんとかします!なんとかしなければならないと思っています!

|

« 私は今の既成政党に入るつもりは毛頭ありません | Main | 私は南予の大地にしっかりと根を張る桜になります »

Comments

初めまして

一つ質問をさせていただきたいことがあります。他の選挙関連のあなたのサイトでなく、このコメント、失礼ながら、ほとんど無い、つまり他の市民に観られてしまうリスクが低い、このブログで敢えて質問させていただきます。

おっしゃっていることは、あらかた理解したと思っております。ですが、どうしても、解らないことが一つあります。それは、南予(愛媛四区と呼ぶべきでしょうね、総選挙が決まった以上は)を良くするのに、なぜ、国政なのでしょうか。

国会議員はあくまでも大勢いる中の一人に過ぎません。国会は基本的に多数決の場でしょう。そこに、無所属で、一人で乗り込んでいって、議員立法を目指すにせよ、南予はどうよくなるのでしょうか。

国を変えたい、と言うのであればかなり話は違いますし、おっしゃっていらっしゃる諸々の内容とも合理的に合致すると思います。しかし、南予をよくすることを、国を良くすることの延長線上に置かれていると言うことなのでしょうか。

国を変えても、南予はよくなりません。その理由は、このブログで既に十分に明らかでしょう。既に足で稼いだ体験で、良くご了解なさっていると思います。

つまり、一つの質問に集約すると、何故、国会議員なのでしょうか。南予を良くしたいお気持ちは汲めますが、南予を良くするのは国会議員のやることでしょうか。国会議員は立法府にあって法を作るのが本来の役目です。しかも、国法です。条例でなく、それに優先するものでしょう。釈迦に説法ですが。

そんなに回りくどいことをするよりも、その情熱と経験を発揮するべき場は、他にあるように思えて、惜しいなと思うのです。具体的には、宇和島市長。これこそが、桜内さんに期待されるものではないでしょうか。少なくとも私はそうです。

なぜ、首長でなく、国会議員なのでしょうか?

Posted by: 近藤修司 | August 02, 2009 at 09:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/45788258

Listed below are links to weblogs that reference 閑話休題:養殖鯛の餌やりのお手伝いに行ってきました。:

« 私は今の既成政党に入るつもりは毛頭ありません | Main | 私は南予の大地にしっかりと根を張る桜になります »