« 謹賀新年 | Main | 公会計概念フレームワーク »

January 27, 2009

どうして無所属なのか?

本来、政治の目的は、主権者たる国民の生命、財産、自由を守ることにあります。しかし今、その目的を達成するための『手段』であるはずの二大政党制、そしてそれを通じた政権交代そのものが目的化されてしまっているのではないでしょうか。そもそも二大政党制が十分に機能するためには、その前提条件として政党自体が民主的な存在であることが必要不可欠です。

現在、確かに自民党と民主党という、図体だけは大きい政党が二つあります。しかし、いずれの政党も、誰がどういうプロセスを経てマニフェストなどの政策決定をしているか不明確だし、候補者選定も自民党なら世襲、民主党なら党幹部の主観によるところが大きいといわれています。

仮に自民党や民主党の公認を得て当選したとしても、何百人かの党所属議員の一人として、誰がどういったプロセスで決めたかもわからない党議拘束に従って議場で立ったり座ったりするのでは、何のために国会議員をやっているのか、わからなくなるのではないでしょうか。

私は、二大政党制、そしてそれを通じた政権交代も望ましいと考えますが、その前提条件が欠けている以上、「すべては国民の利益のために」という政治の根本目的に立ち返り、自民党にも民主党にも「属さず、与せず、頼らず」、無所属という立場で当面の政治活動を続けていくつもりです。その上で、当選後、同志とともに民主的な政党のリーダーとして政権獲得を目指したいと考えています。

|

« 謹賀新年 | Main | 公会計概念フレームワーク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54519/43874345

Listed below are links to weblogs that reference どうして無所属なのか?:

« 謹賀新年 | Main | 公会計概念フレームワーク »