« February 2006 | Main | November 2006 »

June 22, 2006

自治体向け公会計基準

桜内文城です。

今日(22日)の日経朝刊5面で、「民間並み財務諸表 自治体、3年内に作成」という記事を見かけました。その記事によれば、総務省が設置した「有識者会議が自治体向け公会計の基準をまとめた」云々とのことでしたが、正確にいえば、総務省の「新地方公会計制度研究会」から5月18日に公表された報告書のことを指した記事だと思われます。

(知り合い方の中にはご承知の向きも多いかと思いますが)同研究会には、僕も委員の一人として参加していました。報告書の公表から一ヶ月以上も経って、今頃どうしてこのような取り上げられ方をするのかよくわかりませんが、もしかすると夕張市の財政再建団体の申請といった話題に関係しているのかもしれません。あるいは、先週水曜(6月14日)の同じく日経の「経済教室」で、早大の小林先生がその報告書について解説を加えてくださったことも影響しているのでしょうか。いずれにしても、我が国の公会計制度の整備が少しずつでも前進することを期待して止みません。

| | TrackBack (0)

June 18, 2006

受賞の御礼

お久しぶりです。桜内文城です。

このたび拙著「公会計」(NTT出版)が第34回日本公認会計士協会学術賞を受賞しました。選定の経過及び理由等につきましては、JICPAジャーナル7月号190ページ以下をご覧ください。公会計制度改革の世界に身を投じて早や6年。多くの方々からご支援をいただいたお陰で、ここまで来ることができました。関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

もっとも、今回の受賞は一つの通過点であって、「政府の意思決定のあり方を根本的に変革する」という公会計制度改革の本来の目的を達成するためには、まだまだ多くの仕事が残されています。引き続き皆様方のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

Continue reading "受賞の御礼"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | November 2006 »