« April 2005 | Main | August 2005 »

June 28, 2005

親知らずの抜歯とその後の経過

桜内文城です。

このブログは本来、公会計に関する情報発信と意見交換のために開設したのですが、昨年来の親知らずの炎症による入院→抜歯手術→後遺症(下顎の知覚麻痺)といったストーリー展開の方が皆様の興味をそそったようですので(笑)、今回は抜歯に至る経緯とその後の経過について報告します。

そもそも左下の親知らず(完全に横向きになって歯茎の中に埋まっていた)の鈍痛が始まったのは昨年10月下旬のこと。近所の歯医者さんによれば、入院施設のある大学病院などでなければ抜歯は難しいとのことで、当初は抗生剤をもらって抜歯の時期を探ることにしていました。しかし、11月中旬には顎の炎症の影響で口がほとんど開かなくなってしまい(上下の歯の間が1cmも開かない状態)、毎度の食事にも難儀しましたが、口が開かないことには抜歯手術もできないとのことで、さらに抗生剤の投与を続けました。

Continue reading "親知らずの抜歯とその後の経過"

| | Comments (3) | TrackBack (2)

June 19, 2005

新ドメイン

桜内文城です。このたび当ブログのトップページ用に新ドメイン(www.sakurauchi.jp)を取得しました。従来のアドレスからもアクセス可能ですが、今後はできるだけ新ドメインからアクセスしていただければ幸いに存じます。また、これを機に当ブログのデザインも若干変更し、コバルトブルーを基調としましたが、いかがでしょうか。

さらに桜内研究室のサイトにおいても公会計関連の講義資料を更新しました。今年度は後期に公会計関連の講義が集中する予定ですが、受講者はそちらから必要な資料等をダウンロードした上で講義に出席するようにしてください。

詳細についてはまた追ってご連絡いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2005

アンタッチャブル

桜内文城です。またまた更新を怠っておりました(ほぼ二ヶ月振り)。

先日、久しぶりに「アンタッチャブル」のビデオを借りてきて観ました。実は自分の中では一、二を争うほどに好きな映画で、これまでも何度か観ています。以前は気付かなかったセリフの意味やストーリー展開に新鮮さを覚えるところも多々ありました。

最初にこの映画を見たのは1987年の秋だったと思います。当時、大学四年生で大蔵省に就職が決まっていたこともあり、アメリカの財務省調査官エリオット・ネスの命を懸けた仕事振りに感動しました。また、当時は僕自身、会計に関する知識もほとんど持っていなかったのですが、アル・カポネの脱税の証拠として会計帳簿と会計担当者の所在がこの映画の最大の見せ場になっていたことに今回、改めて感じ入りました。

Continue reading "アンタッチャブル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | August 2005 »