Main | October 2004 »

September 29, 2004

祝!7777アクセス突破

桜内文城です。
僕のサイト「桜内研究室」のアクセス数が、先ほど7777回の誠に縁起の良いぞろ目を突破いたしました。ちなみに、サイト更新のチェックの最中、僕自身が記念すべき一歩を踏ませていただきました。m(__)m
「桜内研究室」にカウンターを取り付けたのは、今から約2年前の2002年9月22日でしたので、一日平均20前後のアクセスがあったことになります。これまでは主として大学での授業の配布資料をダウンロードしてもらうだけのやや閉鎖的な利用にとどまっていましたが、今後は、僕自身の著書・論文等を通じて、読者の方々をはじめ社会と広くつながっていきたいと考えています。
当面の出版予定ですが、以下の通りとなっています。
10月4日(月)  「現代企業法・金融法の課題」(共著)(弘文堂) 第2部第3章「公会計と企業会計の相互関係」(p. 127-157)、第3部第3章「財投機関債に関する諸論点」(p. 267-279)
10月20日(水) 「公会計革命 『国ナビ』が変える日本の財政戦略」(講談社現代新書)
10月21日(木) 「国ナビ 国家財政ナビゲーションシステム」(対談記事、10ページ)『フィナンシャル・ジャパン』創刊号
11月下旬 「公会計 国家の意思決定とガバナンス」(NTT出版)
それではまた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2004

写真撮影の日々

桜内文城です。
10月20日刊行予定の「公会計革命 『国ナビ』が変える日本の財政戦略」(講談社現代新書)の裏カバーに掲載する写真をプロのカメラマンさんに撮っていただきました。そのうちの一枚をこの桜内ブログのプロフィール欄にもアップしたところです。
撮影当日、麻布十番へ。場所柄もあってカメラマンさんに「キムタク風に・・」とお願いしたところ、苦笑されながら「じゃ、カメラを睨みつけて」との指示が。日頃、仕事でパソコンを睨みつけている姿は鬼気迫るものがあると同僚からも恐れられていたのですが、パソコンならぬ人を睨みつけるのはどうも勝手が違ってうまくいきません。キムタクへの道は遠かった。。(>_<)
その数日後、今度は『フィナンシャル・ジャパン』という月刊誌の創刊号(10月21日発売)に10ページわたる対談記事を掲載していただくこととなり、対談相手となっていただいた保岡興治代議士(自民党国家戦略本部事務局長、鹿児島1区選出)と国会前でツーショットの写真撮影に臨みました。「はい、笑って笑って」とのカメラマンさんの声に先生はニッコリ、まさに千両役者の笑顔。ところが僕の方と言えば、笑おうとしてもこれがなかなかむつかしい。横で見ていた編集長からあとで「桜内さん、あれじゃあ政治家にはなれませんね」との烙印を押されました。(T_T)
地味な生活を送っている日常からは想像もつかない世界を垣間見た一週間でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 20, 2004

桜内ブログ(試行版)です。

桜内文城です。
本日、試行的に「桜内ブログ」を立ち上げました。その目的は、10月20日刊行予定の「公会計革命 『国ナビ』が変える日本の財政戦略」(講談社現代新書)と11月下旬刊行予定の「公会計 国家の意思決定とガバナンス」(NTT出版)という二冊の著書について、広く読者の方々とインターネット上で意見交換をすることにあります。また、上記二冊の著書では紙幅の都合で割愛した点等について、追加的に情報提供を行っていきたいと思っています。特に、国ナビ(国家財政ナビゲーション・システム)を用いた予算編成上の意思決定のシミュレーションについては、実際にこれを一定のシナリオに従って操作して数字が動くところをご覧いただけるよう、準備したいと思っています。どうぞ御期待ください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Main | October 2004 »